目的に応じてクラス分けしている塾

クラス分けされているかどうかを確認する

集団授業の学習塾に入会し、成績を伸ばすためにはクラス分けがされているかどうかが重要になります。通常の学習塾は、3クラス以上に分かれていることが多く、それぞれレベルに応じた授業を展開し、生徒の理解力を高めることが目的になります。これが、学校の集団授業とは異なる点です。学校の場合は、偏差値30台の生徒と偏差値70台の生徒が同時に勉強するため、嫌でも偏差値が低い生徒に授業のレベルを合わせなければなりません。ところが学習塾の場合は、偏差値ごとにクラスが変わってくるためそのレベルに合わせた授業を受けることが可能になります。より細かく分かれていれば、自分のレベルにあった学習をすることが可能になるでしょう。結果的に、無駄な時間を減らし目標とするレベルの学力を手に入れることが可能になります。

クラスの授業などを確認しておく

学習塾の中でクラス分けがされているといっても、すべての学習塾で明確にクラス分けがされている訳ではありません。例えば、3種類のクラスに分かれているとしても、クラスが自分の実力に合っていないこともあります。そもそもどのようにクラス分けをするかといえば、最初のテストで分けてきます。入会するときにテストを受けて、その成績でどのクラスに入れたらよいかを塾側が判断していくわけです。ですが、勉強している最中に急激に成績が伸びることや落ちることも考えられます。この時、迅速にクラスを変更してくれる学習塾を選ぶと良いでしょう。半年に一度程度しかクラスを変えないとすれば、自分の学力に合わない内容の授業を受ける期間が長くなってしまい、目的に合わせたクラス分けをしているとは言えません。入会する前に、その点だけは確認しておくべきでしょう。